エンタメ全般のブログ!

エンタメ全般を紹介するblogです

MENU

マイクタイソン!遂に復帰戦!結果は?松本人志より体プヨプヨ?

前日計量に臨んだタイソンの体は54歳とは思えない肉体!

f:id:allentame:20201129031255j:plain

しかし、、
相手も強いぞ!下手したら無様に負ける可能性も、、?



ボクシング元世界ヘビー級王者マイク・タイソン(54)が15年ぶりにリング復帰するとあってマイクタイソンの一挙手一投足に注目が集まっている。




28日(日本時間29日)に米ロサンゼルスで、2年前に引退した元世界4階級制覇王者ロイ・ジョーンズJr.(51=ともに米国)とエキシビション8回戦で拳を交える。

相手も最強だ!

マイクタイソンが無様に負ける可能性だってある。


現役の頃のマイクタイソンは
f:id:allentame:20201129032031j:plain
凄い筋肉!、



f:id:allentame:20201129031255j:plain

もちろん現在の肉体も凄いが現役に比べたら胸板が少し薄くなり、腹が少しボテッている。

54歳としては凄いが松本人志の肉体のほうが仕上がっているようにも思える。


もちろん松本人志は戦えないがね。





マイクタイソンは

27日(同28日)には同地で前日計量に臨んだ。

公式戦ではないが、レフェリーが入り、採点で勝敗が決まる。


最低報酬だけで2人合わせて計20億円とされる注目対決となる。



18年以来のリングとなるジョーンズJr.と前日計量に登場した。


ジョーンズJr.は過去最重量の210ポンド(約95・25キロ)だった、

タイソンは過去2番目の軽さとなる220・4ポンド(約99・97キロ)をマーク。



アクリル板を介し、フェースオフに臨むと21秒間、1度も表情を変えずにジョーンズJr.を凝視した。 計量前の会見で、タイソンは“真剣勝負”の殴り合いを予告した。


「ゴングが鳴ったら、すぐに彼のところへいき、何が起こるかを見る。それは面白いはず。私はファイター、彼もファイター。そのままパンチを打つつもり」と不敵な笑み。




ジョーンズJr.が強敵であることを素直に認め「うまくたたけるのか、それは分からない。多分、簡単にやれる方法は分からない」と警戒した。 米英メディアでは両者の最低報酬が日本円で約10億円ずつと報じられた。PPV収益も好調とされ、日本円で各18億円のボーナスも手にするとも伝えられた。2人合わせて「50億円マッチ」にもなりそうなレジェンド対決。タイソンの往年ファイトは復活するのか。


はたしてマイクタイソンは勝てるのか?




プロボクシング元統一世界ヘビー級王者マイク・タイソン氏(54)と元世界4階級制覇ロイ・ジョーンズ・ジュニア氏(51)=ともに米国=のエキシビションマッチは28日(日本時間29日)に米ロサンゼルスのステープルズ・センターで行われる。  


「100キロを切るくらいが一番良い」と話していたが、この日は現役時代さながらに100キロを超えることはなかった。


透明のパーティションを挟んでフェイスオフ(にらみ合い)をした両雄。


それぞれが自身のパワーを誇示するかのように、太い両腕の筋肉に力を入れた。「私を信じれば正しい結果がわかるだろう」とジョーンズ・ジュニア氏。


相手が足を使って来ると想定するタイソン氏は「彼を追ってリングを走り回るよ」と話し、「私はパンチを投げつけるだけ。あとはロイ次第だ」と強気に話した。!





二人ともレジェンドだが
マイクタイソンは別格
マイクタイソンは漫画「ろくでなしブルース」に出てくる
前田大尊 の名前のモデル

そしてストリートファイター2のバイソンのモデル?だろうな

そんな強さの象徴がどこまでやれるか?やられるか?

楽しみだ。