めちゃくちゃ面白いエンタメと成功へのブログ!

エンタメ全般と成功への道をおもしろく紹介するblogです

MENU

ほしのあき 復帰?誰に頼った?

タレントのほしのあき(47)が27日、実に10年ぶりとなる活動再開を宣言した。

というか、、活動休止しているのさえ知らなかった人が多いかもしれない。

そして、なぜ?活動休止していたのか?

島田紳助との関係とは?



ほしのあき芸能活動休止していたわけとは?

2012年冬の〝ペニオク騒動〟だ。



ペニオクは低額で落札ができる!と嘘をつき人を集めて詐欺を図った有名な事件だ。

オークション運営者が詐欺罪などで有罪判決を受けた事件に関連して、ほしのは商品を落札していないのに落札したとブログに投稿していたことが発覚。12年12月に謝罪し、翌年から活動を休止した。


他にもペニオクには小森純などが詐欺に加担していた。




ペニオク詐欺に加担したほしのあき
いったいなぜ復帰の道を選んだのか?

頼った先は?


島田紳助か?



ほしのあきの復帰は
SNSではこの事件を蒸し返す投稿が殺到している。




本人も活動再開にあたり、難しい立場であるのは理解しているようだ。


ほしのあきが頼ったのは、旧知の出版社だったようだ。


出版関係者の話。 「ほしのさんはペニオク騒動前、この出版社が発行する20代OL向けファッション誌でモデルを担当していて、良好な関係を築いていました。同誌では当時、旬のファッションだけでなくウエディングドレス姿、産後にはミニスカ姿でも登場。変わらないスタイルで女性ファンを驚かせました。産後だったこともあり、仕事は抑え気味だった中、ペニオク騒動に見舞われてオファーは一気に消滅。ほどなくして活動休止しました」 昨年1月ごろに活動再開した。 「この旧知の出版社を頼り、同社の30代以上女性向けファッション誌の撮影を機に少しずつ活動再開したんです」(前出関係者) このタイミングで活動再開したのは、長女の成長も大きかった。 「長女は幼少期ほど手がかからなくなっていました」(知人) 13~22年の活動休止中、完全にフェードアウトしたわけではなかった。友人のタレント&モデル仲間のインスタに自身の近影がたびたび掲載され、変わらぬ美貌が話題になっていた。



ママとしては、JRA騎手の三浦皇成が遠征などで留守にしがちな中、育児に励んできた。

妻としては、夫が16年8月の札幌競馬で落馬して大ケガを負ったときも懸命に支えてきた。 三浦は安田記念(6月2日、東京11R)で悲願のG1初制覇を目指す。


酸いも甘いも経験したママタレントは夫をサポートしつつ、また活躍するはずだ。

そう、夫が中々の騎手なので生活にはそこまで困らないはずだ。





頼ったのは島田紳助じゃなく出版社だったようだ。





島田紳助は昔
週刊誌の女性自身は「愛した女、泣いた女 31人の黒い閻魔帳」とのタイトルで31人もの女性タレントの名前を列挙された。


上記2つにも載っていた熊田曜子ほしのあき小林麻耶以外にも、木下優樹菜里田まいスザンヌ南明奈山口もえなど、「ヘキサゴンファミリー」を中心とした女性の名前が挙がっていた。「反社がらみで大手では報じにくいようですが、当時から名前が挙がっていたのは熊田曜子さん、ほしのあきさん、森泉さん、小林麻耶さんなどですね。彼女たちは紳助さんがMCを務めていた番組によく出演するなどしていました」

島田氏のお気に入りだとされる女性タレントだったからだ。


どうやら違ったらしい。

ハリセンボン近藤催眠術でヤラセか?

ハリセンボンの近藤春菜が25日放送のフジテレビ「上田晋也トーク検定」に出演。テレビ番組で催眠術にかかったフリをした仰天理由を告白した。

催眠術にかかったフリをするー
そんな話しはよく話しはよく聞くが、まさかハリセンボンの角野卓造いや、、近藤春菜がかかったふりをするとは、、



「令和の今 ギリ話せる実話」をテーマに、「もう時効だと思うんですけど」と若手時代に催眠術の番組に出演した際の出来事を語り出した。


なるほど若手時代なら撮れ高を気にして「かかったフリ」をするのはわかる。


近藤春菜
「予備催眠といって、事前に受けて、かかりやすくするっていうので、催眠術師の人と別部屋で2人きりで、耳元で(催眠)を入れられるんですね。『あなたは…』みたいな感じで」 続けて、「その催眠術師の方が、口めちゃくちゃ臭くて。全然集中できなくて、全然入んなかったんですね。でも若手だから、本番はどうしたらいいか分からなくて。かかったフリしました」と話した。

なんと!!ただ普通にかからなかった!というだけではなく「口が臭くてー」とのオチまであっあという!


つまり、もしも過去の映像などを引っ張り出されて、催眠術師が特定されたとしても、、その催眠術師は腕がない!と言っているわけではないので、ギリギリ催眠術師の名誉は保たれるわけだ!


さすが!

って口が臭い!って言われるのも嫌ですよね!



それを聞いていたMCの上田晋也はびっくり顔で大爆笑。「正直すぎるわ。まあ、時効だからな」とツッコみつつ、理解を示した。




さすがに近藤春菜トークが上手くなった。


デビューしたての頃は
角野卓造と死神

と揶揄されてイジられていたが、今や2人とも垢抜けてしまい、相方の箕輪はるかなんて死神の面影はなくなって女性らしさが増したくらいだ。



この近藤春菜トークの旨さがあれば
ハリセンボンのこんごの活躍は安泰だ。

出川のてっちゃん充電旅でブチギレられた

「なんの騒ぎですか!子供たちもいるから、早く帰りなさいよ!」
怒鳴り声など最近はそうそう聞けるものではない。

怒っている人がいたらこっそりとスマホで撮影されて拡散される危険性もある。


更に、その怒っている人の動画はバズりやすい。


そ!を狙ったか?ただただ、怒っているのか?


夜間に近隣住民が怒声を浴びせた相手とは?


そう、出川哲朗

てっちゃんは「はーい、すみませーん」と詫びた。



4月23日ごろからXで、『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(テレ東)の撮影トラブルを収めた13秒の動画が拡散しているという。


もともとはTikTokに投稿されたようで、Xに転載されて広まった。


動画には、オーバーオールを着用した出川とゲストの姿が。そして、お馴染みのスイカヘルメットと赤い電動バイクと、撮影クルーたちが映っていた。また出川たちがいた場所は両サイドに車が駐車されており、駐車場のようにも見える。 この動画を載せた投稿は多くの反応があった。



動画を視聴したユーザーからのコメントとは?

炎上したのか?


《出川さん 一体何したの》
《出川のこの番組。最近、問題が多いね》と心配の声。


他にも
《これだけじゃなにがあったのかわからないよ》

《いきなり言われたのか、ここに至る経緯があるのか、よくわからない動画だね》と、トラブルの原因が明確ではないなどのコメントも。




今年4月で8周年目を迎えた同番組。

出川とゲストが電動バイクの充電場所を求めて旅をし、全国各地の人々と触れ合うシーンは見どころの一つだ。

出川の人柄で出演した大物も数多い!
とても評判の良い番組だが、、
撮影トラブルをめぐっては、先月24日にもXで物議を醸していた。

「出川さんや杉野遥亮さん(28)らが、和歌山県串本町の観光名所である橋杭岩(はしぐいいわ)でロケをしている様子を収めた写真がXに投稿されたのです。投稿者はスタッフらしき男性に、『追っかけなら来んな!』と怒鳴られたと呟いていました。いっぽう出川さんは、ギャラリーに手を振るといったファンサービスをしていたといいます。

しかしテレビ東京は、この件を報じた『週刊女性PRIME』の取材に『当該人物を大声で怒鳴る映像・音声は確認できませんでした』と否定。結局、スタッフが投稿者を怒鳴ったかどうかは、判然としないまま終わりました。

ただ同局は、危険につながる行為を見かけた際や撮影で駐車場を借りる場合には、“周囲に声かけをする場合もある”とも説明していたという。

これは、しつこいファンがいたので軽く注意したんでしょうね







しかしメディアの印象操作は
スタッフによる“暴言”となるのか、、

そして、今度は近隣住民から怒鳴られるというトラブルが勃発……。




番組はどう反応したのか?

番組はマスコミ宛にこう反応



SNSにアップされた動画は、先週末、4月20日(土)の午後9時45分頃に、中国地方の飲食店での撮影を終えた後に、店の外に集まってきていた子供たちと店の敷地内で記念写真を撮影した際のものと思われます。 注意をいただいた方には、出川哲朗さん本人がその場でお詫びし、スタッフも重ねてお詫びした上で、速やかに移動しました。番組ロケに際しては、周囲の方々へ十分に配慮しながら行うことにしていますが、今回の件を受けまして、なお一層、注意することを社内および製作スタッフで申し合わせました


つまり怒られた事は認め謝罪しました。

人気者であるがゆえのトラブル、

夜は静かにするしかないですね。

曙関、リスペクトしかないです。

大相撲の面白さを教えてくれたのは間違いなく曙、貴乃花若乃花達だった。。


大相撲界のレジェンドが散ってしまい多くの1人達の心に大きな穴が開いてしまった。


第64代横綱を務めた曙太郎さんの死去は悲しさで溢れた。

大相撲で史上初の外国出身横綱となり、格闘家としても活動した元横綱・曙の曙太郎(あけぼの・たろう、旧名チャド・ローウェン)さんが4月上旬に心不全のため東京都内の病院で死去した。54歳だった。



ハワイ出身で、1988年春場所初土俵で同期の貴乃花若乃花の兄弟横綱らと熱戦を繰り広げ90年代の大相撲ブームを支えた。


生まれた年代で「推し」の関取は誰しも必ずいたはずだ。
しかし、近年ではおそらく相撲を全く見ない人達が増えたはずだ。


若貴時代と呼ばれる相撲ブームを体感した人達は多い。
前の時代には千代の富士北の湖小錦、霧島、寺尾など充分に楽しめる相撲があった。
若貴時代終焉後も荒くれたモンゴル相撲出身力士の活躍、朝青龍白鵬と活躍した。そこで離脱した人も少なからずいたのかもしれないが、国技相撲は今もなお人気は続く。

しかし、江戸時代から今まで
最もブームになったのはやはり
若貴時代ではないだろうか?これは大昔の過去は知らないが何とも言えないが、、テレビの普及やらなんやらを考えてのことだ。



その、中心にいたのが若乃花貴乃花、曙だ。

周りを固める力士達も個性的!
武蔵丸貴ノ浪魁皇貴闘力舞の海、、


曙の圧倒的強さ、貴乃花若乃花の食らいつく姿、後に互角の戦いを繰り広げる面白さは手に汗を握る取り組みばかりだった。



曙さん死去に際して、元横綱3代目若乃花花田虎上氏も、悲しみに暮れる心の内を明かした。

「ライバルであり、苦楽をともにした良き友でもありました。あの大きい体と、そしてアメリカ人として戦えたことは本当に光栄でした。絶対に負けられないという戦い甲斐のある人でした」と述懐。

さらに続けた。「土俵では互いに憎しみを込めて戦っていましたが、引退した後は教習所時代のことを思い出したり、会いたい人でもありました」と語る。

真剣勝負を繰り広げたからこそ生まれる、真の友情が曙さんとの間に育まれた。



忘れられない6年前の思い出があるという。

病床に伏していた曙さんを見舞いに、花田氏は病院を訪れた。
番組の企画ではあるが、その時の曙の反応は人々を感動させた。

その時に事前に聞かされた関係者からのショッキングな言葉があったという。

その時、曙さんは記憶を失っていて「花田さんの顔を見ても誰か分からないかもしれません」と伝えられた。夫人のことは何とか分かるのだが、子どもに対しては反応できる状態ではなかったという。そんな状況で、いざ対面すると…。「私のことを、すぐに分かってくれたんです」。その証しなのか、曙さんは涙をボロボロこぼした。


ーーとあるが、映像では活き活きとした曙さんの目が写されていた。
若乃花と会うまでは死んだような目をしていたのに若乃花と再会してからは生き返ったような目をしていたのが印象的だ。




それ以前に、まだ曙さんが元気な時に交わした約束があった。「以前から話していたんです。お互いにリタイアしたら(曙さんの出身地の)ハワイの木の下で同期生みんなで集まって会おうねって」。前述の見舞いの後、もう1度、会いたいと願った花田氏だが、コロナ禍になってそれもかなわず、まばゆいばかりの陽光の下、ハワイで再会する夢も露と消えた。「すいません。何と言ったらいいのか言葉がまとまりません」。追悼の言葉を探しあぐねる花田氏だったそうです。


対戦成績も若乃花とは曙さんが少し勝ち越していました。

まさにライバルですね。

そして、、最大級のライバルはやはり

貴乃花だ。







 7年に及ぶ闘病生活の末に曙太郎が力尽きた。16年4月に自らが社長を務めるプロレス団体「王道」を旗揚げし順調な格闘家人生を送っていた曙さんは2017年4月、福岡県大牟田市でのプロレスの試合後に体調を崩し救急搬送された。

 入院は長期化し、18年9月下旬には心停止に見舞われたことで重度の記憶障害が後遺症として残るなど再び危険な状態に陥った。



ハワイから駆けつけた長男ら家族が見守る前で54年の人生に終止符を打った。亡くなる直前にクリスティーン麗子夫人に「アイラブユー」と伝えたという。

 数々の名勝負を演じた貴乃花氏は「ご家族の皆さまとご遺族に哀悼の意を表したいと思います。ハワイから来日し今日に至るまで、日本の文化を感じて幾多の苦労があったかと思います。百折不撓(ふとう)の人生観だったと思いますが、これからは身を楽にして安らかに」と悼んだ。

 曙さんは同じハワイ出身で外国出身初の関取となった東関親方(当時、元関脇・高見山)にスカウトされ88年春場所初土俵を踏んだ。3代目若乃花貴乃花の兄弟横綱大関魁皇ら関取11人というハイレベルな同期とともに、空前の相撲ブームの火付け役となった。


貴乃花氏は「群雄割拠の時代にハワイから訪れて取組を面白くしてくれた方です」と感謝。対戦成績は21勝21敗と五分で、若乃花とも18勝17敗。人気絶頂の若貴兄弟の前に「敵役」として立ちはだかり、大関横綱昇進は2人に先んじたのが曙さんだった。

 最大のハイライトは3人が優勝決定巴戦を戦った1993年名古屋場所。平均視聴率37・6%、瞬間最高視聴率66・7%と国民が若貴対決を期待する中、曙が若貴を連破した。

 2メートル超の長身から出される激しい突っ張り、押しは好調時には手がつけられず、貴乃花氏も「その足腰のバネといい、ちょっと今の力士たちには、なかなか太刀打ちできないくらいの威力があったと思いますよ」と評価する。





3人は引退後はそれぞれ別の道を歩むことになったが、貴乃花氏は良きライバル関係だったと明かし「(自身は)ライバル意識というのではなくて、逆にあちらの方がライバル意識というか、そういうのを多分、持たれていたのではないかと思います」と振り返った。曙さんは間違いなく、平成の大相撲人気を支えた主役の一人だった。

【優勝回数11回 03年格闘家転向】



漫画で若貴と曙のストーリーが描かれた漫画があった。

曙は股割りが出来ずに泣いていたー とかロッキーのテーマで自分を奮い立たせた!とか

若貴がヤクザに絡まれたが土俵を地面に書き、「この中でなら命張れるからかかってこい」と追っ払った逸話や

汗が結晶になるまて稽古を続けたー

とか様々なエピソードを知り、一段と相撲が面白くなっていました。



本当に曙関の功績は大きいと思います。

貴乃花との激闘50番は絶対に見た方がいいです。



曙関に心からご冥福をお祈りします。





 曙 太郎(あけぼの・たろう=大相撲第64代横綱、旧名チャド・ローウェン)1969年5月8日生まれ、米ハワイ州出身。

バスケット選手だった大学時代に東関親方(元関脇・高見山)に誘われ角界入り。88年春場所初土俵を踏み、長身からの強烈な突き、押しを武器に92年夏場所後に大関へ昇進。93年初場所後に史上初の外国出身横綱になった。優勝回数は史上10位の11回。96年4月に日本国籍を取得。98年長野冬季五輪では開会式で横綱土俵入りも披露した。01年初場所後に現役引退。03年11月に日本相撲協会を退職し、格闘家に転向した。現役時代のサイズは2メートル4、233キロ。

粗品暴言!!だが、、今回はナイスwww

粗品がまた暴言!
しかし、、この暴言には拍手喝采!!

内容とは?



お笑いコンビ「霜降り明星粗品が12日放送のフジテレビ系「酒のツマミになる話」に出演。ユーチューバーへの嫌悪感を爆発させた。


以前から粗品は「YouTuberはおもんない!」
と発言してきた。



番組ではㇳークテーマを提供する係になった粗品は「ハッキリさしときたいんですけど」と前置きし「ユーチューバーいるじゃないですか。ユーチューバーが出てきた当初って結構『なんやねん、あいつら』『プロでもない。おもんないねん』って風潮だったじゃないですか。でも、最近結構ユーチューバー認められだしたというか、『すごいやん』『尊敬できる』って風潮になってるじゃないですか…いや、ユーチューバー、おもんないっすよね?」と目を見開いた。

まさにそうなのだが、、実力としては芸人の方が数倍も上ですが、、手軽さや親近感もあるので人気なのだろう。



これに千鳥・ノブは「もうやめてくれ!」と嘆き節。千鳥・大悟は「粗品もユーチューブやってるよな?」と疑問を投げかけた。 粗品は「僕もユーチューブやってるんですけど、芸人がユーチューブやっても芸人じゃないですか」と返答し「しかも、あれ嫌いなんです、芸人なのに『ユーチューバーおもしろい』みたいに言ってるやつ、めっちゃ嫌いで」と顔をしかめた。


芸人で?
YouTuberを絶賛してコラボレーションしまくってる芸人?
いるかな?

すると、やはり 大悟が「おる? そんなやつ?」と首をかしげると、、、

粗品は「僭越ながら宮迫(博之)とか」とキッパリ。


呼び捨て!!www

ノブは「さんや!」とツッコんだが、粗品は「宮迫〝君〟とか。先輩じゃないんで」と言い放った。


ノブは「先輩や!」とたしなめたが、粗品は「先輩じゃないっすよ、あいつ。もう辞めてんから」「先輩ちゃうやろ! あんなもん!」と聞く耳を持たず。



それでもノブは「芸道の先輩や!」と訂正をうながしたが、粗品は「おもろかったらね」と涼しい顔だった。

媚びない粗品のスタイルは賛否両論あるが、どちらといえば否定的意見の方が多く感じる。

例えば「本人が面白くないのに他人はけなす」
「最低限礼儀は大事!」

とか
「人を傷つける発言が多い」


などだ。

特に
粗品の「2人になったKing & Princeなんて誰が見たいん?」などの発言は批判が多かった。

しかし、

今回は違う!
だってその通りですからね。

宮迫のことを呼び捨てして「あいつ」よばわりですからね!

宮迫博之は特に闇営業の後の対応は鼻につきましたからね、、

松本莉緒は癒やされるのでもっとテレビ出てほしい。

「聖者の行進」、「モテキ」などに出演した女優で、ヨガインストラクターとして活動する松本莉緒(41)が9日、日本テレビ系で放送された「踊る!さんま御殿!!3時間SP」に出演して話題です。



やはり健康的な美人はオーラが違いますね。


久々の姿にネット上で「可愛すぎた」などと反響を呼んでいます。





松本莉緒さんは放送前に、自身のインスタグラムで「14年ぶりの踊るさんま御殿!! 是非ご覧頂けたら嬉しいです 大好きないとうあさこさんにお会いできて嬉しかったです」と投稿していたました。



37歳の誕生日だった2019年10月22日に結婚しており、3歳の男の子のママで、番組でも「結婚して4年」などと自己紹介した。

ハッキリ言って癒やされますね。
男性から見ても松本莉緒さんは憧れますね。


ブラトップ&ピンクのレギンスでヨガで整えた抜群のスタイルを披露した松本に、SNSやネット上では「久しぶりに見たけど相変わらず綺麗で可愛い」「スタイルいい」「可愛すぎた」「変わらずお綺麗」「誰だろうと思って調べて見たらもともと女優さんだったんだね。若い頃の写真がもう、少女漫画に出てくるキャラクターみたいで可愛すぎた」「誰だ?と思ったら松本莉緒だった」などの声が寄せられている。

実はめちゃくちゃ有名なドラマなどに出演しまくっていた名女優でした。

当時は若かったですが
良い演技をしていました。







松本 莉緒(まつもと りお)は
1982年10月22日生まれです。


現在はヨガインストラクターのようですね。

そして
ヨガインストラクター事務所のPeaceberg Style代表をだそうです!凄いですね!
絵に書いたような美人女社長!


かつては女優としても活動!

青森県生まれで身長は164.5 cmなのでちょうどよいですね。


血液型はO型



女優での主な作品は
以下の通り


テレビドラマ
モテキ
エースをねらえ!
ガラスの仮面
聖者の行進
ゴールデンボウル
Stand Up!!
サイコメトラーEIJI
デザイナー
理系の人々
東京フレンズ


凄いですね!

どうやら松本莉緒さんは14年ぶりのテレビというわけではなく「さんま御殿」が14年ぶりだったようです。

これを機にどんどんテレビも出てほしいですね。

美人の40代はハッキリ言って癒やされますからね。

三原じゅん子ランクルぱくられる

ドラマ「不適切にも程がある」で
あばずれ代表!と言われていた三原じゅん子
更にあの女優が議員になんかなるはずがない!
とまで言われていた三原じゅん子

その三原じゅん子
高級SUVランドクルーザーの窃盗被害に遭ったという!!

三原じゅん子参議院議員の心境はいかに?

そして、イカツイ車に乗っているなんて、、それは意外!!!


いや、、意外でもないか、、

なんせ過去にはアニマル梯団のコアラ(ハッピーハッピー)と結婚していたのだから、多少は破天荒なのかもしれない。



三原じゅん子さんは

「出かけようと家から出てきたら『車がない!』っていう。何が起きたか、自分が冷静に判断するのに何秒間かかかりました」
という。

どうやら窃盗犯は三原じゅん子の車を盗んだようだ。

そして
4月3日、三原議員の自宅から約100m離れた場所で撮影された映像には窃盗犯が盗んでいる姿が映っていたという。


警察は、その映像をもとに、その車が盗まれた三原議員の車とみて捜査しているそうだ。

三原じゅん子はその時起きていたかもしれないという。


三原じゅん子議員は
「私自身も起きてたと思うんですけど、(何で)気づかなかったのかな。家族で使ってたので、思い出いっぱいなのでできれば返してほしい」と切実に訴えた。


三原じゅん子
1979年(昭和54年)、『3年B組金八先生』に「山田麗子」役で出演。役柄の「ツッパリ(=不良、非行生徒)」イメージで、人気が急上昇した。

中でも同級生へのリンチシーンで仲間を仕切りながら発した「顔はやばいよ、ボディやんな、ボディを」のセリフは、三原のヤンキー性を表す代名詞になった。

そう考えるとランクルはぴったりだ。