エンタメ全般のブログ!

エンタメ全般を紹介するblogです

MENU

ドン・キホーテ社長逮捕!前兆はあったのか?大原孝治の性格とは?

ドンキホーテホールディングスに対する2
ドン・キホーテ前社長の大原孝治が逮捕された!

なぜ?


ドンキホーテホールディングス(現パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス)に対する株式公開買い付け(TOB)を巡り、公表前に自社株の購入を知人男性に不正に勧めたとして、東京地検特捜部は3日、金融商品取引法違反(取引推奨)の疑いで、当時現職のドンキ前社長大原孝治容疑者(57)を逮捕したという。 



過去をみると大原孝治社長には女性問題など1部で報道された。

そして
AKBグループとの確執もあったようだ!



今回は金が絡む、、


 逮捕容疑は18年8月上旬、ユニー・ファミリーマートホールディングス(現ファミリーマート)との間におけるTOBや、同社子会社の総合スーパー「ユニー」の株をドンキ社が取得して完全子会社化する重要事実を知り、知人に利益を得させる目的で株の買い付けを勧めた疑い。


ドンキホーテホールディングス代表取締役社長兼CEO就任だった
大原孝治は地方の出身だそうだ。



大原孝治ドン・キホーテ社長のプロフィール経歴や武勇伝などは調べても不明。大原孝治さんの通っていた大学がどこなのかもわからない。しかし有名な大学で進学校らしいので高学歴という事はたしかか。

そして大原孝治は 子供の頃から優れていたとか、飛び抜けて目立つ存在であったということはなく、平凡な子供で勤勉だったという。

勤勉な子供だったのは単純に、田舎で娯楽もなかったので勉強しかすることがなかったということもあるようだ。

進学校へと進学し大学は有名な私立大学。
全国でも名の知れた大学なので高学歴という事になる。

つまりドン・キホーテの現社長大原孝治さんはすしざんまいの木村清社長のように目立ちたがりで特殊能力を持っているわけでもなく、CoCo壱の宗次社長のように雑草を食べて飢えを凌ぐ程の苦労人でもなく、ユニクロの柳井社長のように山川とあだ名が付くような変わり者でもないようだ。

先代の安田隆夫氏の理念を忠実に受け継いでいる理想的2代目社長といえるのかもしれない。





しかし大原孝治社長もドン・キホーテに革新を起こし続けている優秀な社長でもあったという。

例えば
各店舗の個性にあわせた個店主義に方針を変えたり、SNSの使用やマジカの導入などだ。
「雇用」についてのこだわりも持っているようだ。

多くの場合「レジスタッフ募集」と職種で募集していたが、そうなると応募者は限られてくる。

それならば「フリーター募集。あなたがフリーターをやっている理由をお聞かせください。それに合った雇用スタイルを提案します」という募集広告をしたほうが人は集まるという考え方。


たとえばフリーターでも、年に1回1ヵ月間ハワイで過ごすことを目標にしているフリーターだっている。
何かの勉強や練習を昼間か夜にやるためにフリーターをしている人もいるからだ。

つまり大原孝治社長はちょっとした心遣いができているという事なのかもしれない。

すしざんまいの木村社長やユニクロの柳井社長のように変わり者でもなければCoCo壱の宗次社長のようにクソマジメでもない大原孝治社長は先代安田隆夫社長の意思を忠実に受け継ぎ細かい気配りをする社長なのだ。


しかし大原孝治社長には女性問題など1部で報道されている。


AKBグループとの確執もあったようだ!









#ドン・キホーテ社長 #大原孝治 #安田隆夫 #大学 #プロフィール #武勇伝