エンタメ全般のブログ!

エンタメ全般を紹介するblogです

MENU

朝倉未来とメイウェザーの共通点は嫌われ者の一面を持っている?

メイウェザーがまた来日する。
またメイウェザーが来日!
小遣い稼ぎか?

 ボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏(米国)が16日、神奈川・横浜市内のホテルに集まった報道陣を前にリモート会見し、来年2月28日に東京ドームで新設の格闘技イベント「MEGA2021」に参戦することを発表した。



まじか?誰と戦うのか?

那須川天心とエキシビジョンマッチは記憶に新しいが茶番劇だった。


今回は?見所ある選手で階級の近い選手といえば、、


朝倉未来くらいか?


そしたら見たい!!
もちろんボロボロに負けるのは自明の理!


朝倉未来が手も足も出ない状況を見たい人が多そうだ!



メイウェザーとの対戦相手は未発表だが、日本人を予定しているという。


リングに立つのは2018年大晦日以来2年2か月ぶり、日本では2度目となる。主催者は相手やルールについて言及した。


「MEGA」と冠された興行。


主催のMEGA製作委員会はメイウェザーの相手だけでなく、その他のカードも「色々な格闘技団体のチャンピオンクラスの選手」にオファー予定という。  


MEGA製作委員会の代表取締役で職務執行責任者の徳弘浩平氏は、同ホテルで会見。



「相手は日本人選手。一番盛り上がる試合にしたい」と日本人の格闘家から選定していく方針。気になる試合形式については「試合ルールは相手が決まっていないので決まってから考えたい。ルールは非常に大事なので、双方が納得する形にしたい」と話すにとどめた。




 プロボクシングで50戦全勝の戦績を誇るメイウェザーは、2018年大晦日さいたまスーパーアリーナで行われた「RIZIN.14」でキックボクシングの“神童”那須川天心(TARGET/Cygames)とエキシビションマッチで対戦。3分×3回のボクシングルールで初回2分19秒の圧勝劇を演じ、ファイトマネーは10億円と言われていた。那須川戦以来のリングとなる。  この日は報道陣の前でリモート会見。




メイウェザーは「日本は世界の中でも素晴らしい国。東京も素晴らしい街。日本の方をエンターテインメントで楽しませたい」と余裕。


メイウェザー
簡単に金が稼げる!と思っていそうだ。


朝倉未来メイウェザー


戦ってほしいが朝倉未来メイウェザーの体重差はどれほどか?






朝倉 未来(あさくら みくる、1992年7月15日 )は、28歳の総合格闘家、YouTuber、スポーツインストラクター。愛知県豊橋市出身。



トライフォース赤坂所属。弟は総合格闘家朝倉海。元THE OUTSIDER二階級(60-65kg級・65-70kg級)王者。空手二段、禅道会三段、ブラジリアン柔術紫帯。


身長177cm体重66kg

一方メイウェザーは173㎝体重68㎏

何とほぼ!体格は同等!!


那須川天心と対戦した際は階級が違う!
何やってるんだ!!
くらいに解説は言っていた、、

いやいや、、知ってたでしょ?



そんな言い訳は効かない、朝倉未来メイウェザーは朝倉は戦いたいと以前から言っている。

元ボクシングの世界チャンピオン渡嘉敷は
朝倉未来は9:1で負けると予想。

しかし、


5年ほど朝倉未来にボクシング技術を教えこめば勝つ確率が9:1が少し変わるかもしれない。


と予想する。


朝倉の負ける姿がみたい!!

そんな人も多いかもしれない。プライドの高い朝倉未来はファンも多いが、アンチも多い。

朝倉未来は少年時代は極真空手、相撲を習って身体を鍛えたが、グレて不良化、地元の豊橋で暴走族の副総長として喧嘩に明け暮れる日々を送ったという。


2015年朝倉未来THE OUTSIDER史上初の二階級制覇を達成!


2018年
8月12日、「RIZIN」初参戦となった。





一方メイウェザー
フロイド・メイウェザー・ジュニア(Floyd Mayweather Jr.、1977年2月24日 - )は、アメリカ合衆国の元プロボクサー。


ミシガン州グランドラピッズ出身。元WBC世界スーパーフェザー級王者。元WBC世界ライト級王者。元WBC世界スーパーライト級王者。元IBF世界ウェルター級王者。元WBC世界ウェルター級王者。元WBC世界スーパーウェルター級王者。元WBA世界ウェルター級スーパー王者。元WBA世界スーパーウェルター級スーパー王者。元WBO世界ウェルター級王者。



戦績総試合数50勝ち50KO勝ち27敗け0


圧倒的なスピードと超人的な反応速度を持ち、卓越したディフェンステクニックで相手を翻弄するスタイル。階級を上げてからはパワーが相対的に減り、ファイトスタイルもディフェンス重視になったものの、優れたボクシングIQと相手を出し抜くカウンターで明確なポイント差をつける。プロでの戦績は50戦50勝。史上初めて無敗のまま5階級制覇を達成したなど、パウンド・フォー・パウンド最強のボクサーとして評価されている。


まさに伝説だ!

街の不良朝倉未来とはまったく戦歴がちがう!!



しかし、メイウェザーも素行は悪い、、どちらも嫌われ者の一面がある。