エンタメ全般のブログ!

エンタメ全般を紹介するblogです

MENU

ソフトバンクCMに批判殺到?なぜ?

ソフトバンクのCMに異変?

白戸家の日常として白い犬のお父さんが長年人気を集めている。

CM開始当初は可愛い白いワンちゃんが大変人気で、豊かな表情とマッチする声優のセリフが面白くて可愛くて大人気となったCMだ。

しかし、、

近年ではあまり、人気がないように思える。

多くの豪華タレントの起用は人気の証拠ではあるが、今回ばかりは頂けなかったようだ。。



ソフトバンクの新CMは 
国民的漫画『ドラえもん』を実写化したのだ。

ソフトバンク』の新CM。ユーモアにあふれた遊び心のあるコラボCMだが、どうやら視聴者からの評判はあまりよろしくないようだ。



ドラえもん役にはブルースウィルス。

あれ?

何か昔に似たようなCMみたな。。


ジャン・レノだ。

ドラえもんを実写CMにしたのはトヨタが先、しかも海外の大物俳優を起用したのもトヨタが先。

パクり感が拭えない。。




CM内でドラえもんを演じるのは、言わずと知れた有名ハリウッド俳優のブルース・ウィリス


15歳ののび太鈴木福、タイムマシンで現れた45歳ののび太堺雅人が演じ、小手伸也と『阿佐ヶ谷姉妹渡辺江里子のび太の両親に扮するなど、異色の共演が実現している。



CM内でPRしているのは、次世代の高速通信規格である5G。近未来的技術の5Gを「ドラえもん」に重ねており、お父さん犬でおなじみ「白戸家」の上戸彩が「『ドラえもん』が来るようなものね」と5Gを例える。


すると、ブルース・ウィリス扮するドラえもん白戸家の屋根を破って落下し、「僕ドラえもん」と自己紹介して再び空へ。

ここまでのCMでは、さほど批判はなかった。




続きにドラえもんファンから不満が爆発。

ドラえもんファン=国民 といっても過言ではないだろう。それほど国民的人気の番組だ。


ソフトバンク白戸家がブルースウィルス扮するドラえもんの後を追うと、隣に引っ越してきたのび太一家に遭遇する。


タケコプター・大人ののび太」篇には、15歳のジャイアンスネ夫・しずかも登場。



360度好きなアングルから映像を見ることができる5G技術を、スネ夫が「タケコプターで自分が好きなところから見るのと一緒」と例える。


ドラえもんは「タケコプターあるよ」と差し出すのだが、スネ夫のび太が「5Gでいいんだって」「ドラえもんの道具いらなくね?」と小馬鹿にするシーンもある。



ここだ。



ここにドラえもんファンは激怒。


突拍子もない設定やコント仕立てのCMは、爆笑をさらって大好評!というのがソフトバンク側の考えで狙いだったはず。


しかし
ソフトバンクドラえもんディスってるCMかなり不快…》

《「ドラえもんの道具いらなくね?」の言葉、あまりに下品だと思うんだ。稀代のクリエイターの創作をさ、赤の他人が後世の技術力で踏みにじる、みたいに思えちゃう…》


《5Gがあればドラえもんはいらないってどんな理屈なんだ?》


ドラえもんのCMすごくムカつく。原作への侮辱だから今すぐ差し替えろ》


のび太ドラえもんの道具いらなくねって言わせるのがほんと不快》

など、批判的な意見がズラリ。


白戸家シリーズ」は松本人志、千鳥、など人気芸人や芸能人も起用して好感度をあげているが、


ネタとしては「もう、飽きた」といわれている。


ワンちゃんをCMに出し続けるのもいささか問題と思う人もいるかもしれない。
現在のワンちゃんは2代目であり、ワンちゃんに負担がかかってないか?心配する犬好きもいるだろう。



動物虐待ではないが、そう思ってしまう人も少なからずいるはず。


そろそろ
白戸家シリーズ以外も展開が欲しい。白戸家シリーズは単発でたまにやれば良いと思う。